お問い合わせ

自分を信じたくてつく嘘の代償は大きい

広島で心と体をトータルアプローチするセラピスト
「自分らしさ」を引き出す専門 吉田かおりです。

先日いただいた花束、まんまるの花束だったのに
「私を見て!!」と目立ちたがり屋なお花が飛び出てきました^^
すご〜く可愛い!!

些細なことほど丁寧に

ずいぶん昔の話になりますが、
一緒に仕事をしたある方が、私に伝え忘れたことがあったそうです。

その伝え忘れた内容とは、
本当に些細なことで大したことがないとおっしゃいます。

例えるならば500円かかった経費の半分を私に請求をし忘れていたといった感じです。

些細なこと、このような小さいことって
確かに「この程度はいいや」
などと言って済ませてしまうこともあります。
でも、「いいや」と納得したと思った場合でも、後から後からなんだか思い出しては言いたくなる・・・
そんな場合は、本当は「いいや」
ではないということですものね。

 

例えば、そうやっていつも

「些細なことだから」

といって自分が何かを負担したり、
自分が人の見えないところで何かをしたりしていて
相手に伝えるべきことをしないでいたとしたら・・・。

 

やっぱり、過ぎたことをいつまでも根に持っていたりとスッキリできないはず。

 

何でもかんでも「いいよ」「いいや」と済ませてしまう自分が本当は嫌いだ!と認めること。

必要な場所でそれをしないから、
本当にどうでもいいようなことにもいちいち

”また自分が損をしている”

などと心が反応しなきゃならなくなるのです。

 

そんなことに気付き始めると、
これまでスルーしてきたことに対して違う行動をしていこうと心が働き始めます。

でも、新たなアクションを起こすことは勇気がいること。

すぐに
「こんな些細なこと言うのはやっぱり・・・・」
と、怖気付いちゃう。

で、結局そのままにして変わらない過ごし方をすることが主体的に生きていないということ。
自分軸なんてなくて、他人軸で生きるということ。
それでは自分の責任を取ることができるわけないのですね。

 

望まない、こんな自分嫌い、そう感じるなら、
望む行動をさっさとするだけ。

 

相手にさらっとメールするなり、電話するなり。
些細なことなのだもの。
さらっと伝えればいいだけ。

だって、そう、些細なことなんですから。

こじつけやポジティブな意味付けは不要

いちいち、
「実はもう日が経ってしまってて・・・こんな前のことなんだけど、しかも本当に些細なことでなんだからかんだらうんたらふんたら・・・・」

ってな具合な説明もいらないのですよ。

些細なことなのにそのように重く受け止めているのは自分自身の内側にあることなのだから。
相手の目線で出来事をみるとそんな重さはないのです。

場合によっては、
相手にとって必要な気づきのきっかけになることもあったり、
軽く過ぎ去る出来事の一つにしかなかったりと、
決してあなた同じ重みを持っていることはないのです。

「余計なこじつけ」「ポジティブな意味付け」などは、
自分自身がやましくなる からしないほうがいいのです。

 

私に伝え忘れていたとうことを話してきた方は、
「あのね・・・あれからね、最近になって、喉の調子がおかしくなってきててね、それに喉のあたりにちょっと変な湿疹ができてきてね・・・」

こんな前置きをしてから私にその「些細なこと」を語られました。

つまり、

「こんな些細なことをやっぱり話さなくてはと思ったのは、自分自身の体は正直者で、こうやって言いたいことを我慢しているから喉に湿疹がでたり調子が悪くなると、体から気付かされた。」

というようなことが相手の言い分なのですね。

 

でも、私、知ってたのですね、
私がお会いした時から喉に湿疹がでていたことを。

 

この方が大切にしていることは本当は
『自分に引っかかる小さなことをスルーしないこと』

のはずです。

変に体からの声に気付かされたとか綺麗っぽくしようとするからボロが出るのです。

せっかく素晴らしい思い、意思を持っているのに、

【こんな些細なちっぽけでどうでもいいことについてそれを言っちゃう自分は小さい人間】

と、ご自身で決めつけてしまっているから
なんらかのこじつけがないと語れないのですね。

 

少しづつ自分を大切にするためのことに気づき、
新しい行動をし始めた時に、
自分の考え方が自分を縛ったり後ろから押してくれる力となったりします。

物事や自分自身に対してどう意味付けをしているかで全ては変わります。

でも、こじつけることやポジティブな意味付けを必要以上に探す必要はないのです。
とってくっつけた嘘の意味付けは、
相手に不快感を与えます。
相手にばれなかったとしても、あなたの中のそのキラキラ感アピールが自分をどんどん偽物にさせてしまいます。

素の自分でオッケーなんです。

シンプルに自分を見ていきたいですね

【心と体のトータルアプローチ「自分らしさ」を引き出す専門】

 *お勧めメニューは こちら

 *ご予約はこちら

  *吉田かおりの著書はこちら


『自己表現や人間関係が苦手な人、感情の起伏に悩む人へ』
★無料メール講座★
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜

メルマガのご案内はこちら

Back to Top