お問い合わせ

自己重要感を上げるための方法

広島で心と体をトータルアプローチするセラピスト
「自分らしさ」を引き出す専門 吉田かおりです。


自分がどんな人でありたいか、
そんな目的を持っているからこそ

それに似合った服を着てみたいと思ったり
それに似合った体型でいたいと思ったり
そんな具体的な姿を求めます。

 

それだけでなく、
「本当にそれが似合う存在でいたい」
という、内面的な目的を持つからこそ

人は内側からの輝き、美しさを増していきます。

 

そんな内面を大事にした上で
外面への自分のありたい姿への努力、
そのやり方や方法が「楽しいもの」になります。
そしてこの内面との繋がりがあるからこそ
自己重要感が増していきます。

 

「自分の存在感がどうも薄いようで
あまり覚えてもらえない」

 

「顔が地味だから印象を与えにくいみたい」

 

こんな悩みを持つ方もおられることと思います。

相手に印象を残したい・・・。
だからもっと派手な洋服を着よう
もっと目立つメイクをしよう
もっと大きな声で話してみよう

これらの方法
必要でもあるけれど
ここだけになると失敗に終わるかもしれない・・・。

 

色々と自分を「どうすること」でインパクトを残せ、
強い印象を与えることができるのか、
このように考え色んな方法が出てくるかもしれません。
でも、

この方の本当の目的は、

目立つことではなく、

【存在感のある人間になりたい】

という言葉がふさわしいのだと思うのですね。

 

「存在感を自分で感じたい」
その上で、
「相手に自分の存在を知ってほしい」

 

本当の気持ちってここだと思うのです。

 

これが逆になるから
「自分だけ」になるのですね。
私ってこうなんです!
私ってああなんです!

どうにか自分をわかってほしいととる行動その姿は
相手にとって好印象を与えるよりも逆に働いてしまいます。

 

自分が自分の存在感を実感できるようになることが一番。

 

自分の存在感を感じる

そのためには
「何も飾らないそのまんまの自分でOK」と、
自分の心にど〜んと座った自分の存在があるほど実感できます。
その実感を得ていけるのは、
内面にある小さなことを丁寧に関わり、
自分を大切にする自分との関わり方をどれだけしていくかです。

 

それがシェイプアップであってもそう。
”なぜシェイプアップしたいの?”

人によく見られたい
”なぜ人にそう見られたいの?”


「            」


『            』

こんな風に自分に質問してみると
自分がどうしたいっていう自分の主体的な言葉が出てきます。

ここを自覚することが大事です。

 

自分に安心していられるほど、
相手の位置に立って相手を知り、
相手をわかろうとする場所へと「歩み寄る力」が増します。

だから、

自分!!自分!!
ではなく、

相手を認める言動がスムーズにでき、
すると相手は「自分を理解してくれている」
そう感じたあなたに興味や信頼が湧き、
結果的にあなたの印象が相手に残しやすくするのです。

自分の認め方がわからない時
ぜひ個人セッションを受けてみてください。

存在感のあるミカン。笑ってね^^

【心と体のトータルアプローチ「自分らしさ」を引き出す専門】

 *お勧めメニューは こちら

 *ご予約はこちら

  *吉田かおりの著書はこちら


『自己表現や人間関係が苦手な人、感情の起伏に悩む人へ』
★無料メール講座★
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜

メルマガのご案内はこちら

Back to Top