お問い合わせ

子どもが大切だからこそもっと放っておくといい

子どもさんを持つお母さんからのご相談の中で、思春期の子どもの反抗期の難しさ、また不登校などあります。
熱心に子育てに取り組むことで、親である「あなた」の思いが「子ども」の大切な部分に入り込み、それが原因で問題を複雑にしてしまうこともあります。

 愛することは愛されること

広島で心と体をトータルアプローチ
こんにちは、吉田かおりです。

ある子どもが学校生活の中で色んなことに悩んでいました。
でもその子は決して親やその他の誰にも相談することなく、
ただ耐えて過ごし、そのうち不登校になり人と会うことすらできなくなってしまいました。

 

「周囲の人に心配をかけるから」

「周囲の人に話してもきっとわかってもらえないから」

 

その子の中にこのような考えがあったとしたら、
もしあなたがその子の親であったなら
どんな気持ちがするでしょうか?

 

たった一人で苦しんでいる子どもの姿を想像することができるでしょうか。

「何」がもっとも大切なのかを考えることができるでしょうか。

 

親は子どもを大切にするからこそ心配も多くなり、道を外れないようにと熱心に子どもに注目します。勉強も熱心に教え、しつけをしっかりと教え、とにかく子どもに熱く注目します・・・。
でもそういった場合、親としての思いを確認してみて欲しいのです。

 

親は子どもの何をもっとも大事にしているのか、また親子の関係において、何を大事にしているのか、そこにはっきりとした意思がありますか。

 

子どもが大切だというのは当たり前のことなんだから、それについて具体的に何が大切かなどという答えなんてない、とお考えになられた場合、子どもを愛することと思ってあなたがしていることは、子どもコントロールすることでしかないのかもしれません。

 

あなたの思惑通りに、”思いのまま子どもが育った”としたら結果的に親であるあなたも子どもも不幸です。

子どもは隠れてでもあなたの思いもしなかったことを平気でやりますよ。

あなたがこの家の、この社会の、その理想の姿を子どもに要求するほど、子どもはあなたの想像もできないようなことを裏でやりますよ。
表では親の言うことをちゃんと聞きながら裏ではとんでもないことをやります。

 

そしてこんな親子の関係性が続きます。

子どもは、親をだまし続けなければならない。
親は、子どもに嘘をつかせ続けなければならない。

 

そのような関係性を誰も幸福とは思えないはずです。
それでも思い通りに育てることを望みますか。

 

理想を押し付けるほど、このようなことが起きてしまいます。理想を求めるほど、目の前のことがちゃんと見えなくなります。本当の理想はそこにはないはずなのです。

 

例えば子どもが親である自分に「少しも相談してくれない」というような時、コントロール癖のある人は「なんで話してくれないの!」「ちゃんと話をしなさい!」などと、子どもを責めてしまいます。

 

これでは子どもが思い切って相談話を持ちかけたとしても”傷つけられ、命令されそうだ・・・” と子どもは感じるでしょう。そして、子どもの心に「この親に自分のことを話したところで嫌な思いをするだけだ」という思いを経験する前から作らせてしまいます。

 

このような「子どもが話をしない」などということが起きた時、「相手(子ども)」にその責任を向けるのではなく、「自分」にその責任を置く必要があります。

 

このことを解消させるために、子どもの方にその原因を見つけてそれを正そうとすることをするのではなく、自分に向けることです。

「子どもが親である自分に話をすることができない」そういった環境をこれまで築いてきた自分の在り方にも注目することができます。そこでやはり大切なことがそれまで子育てにおいて何を大切にしてきたのか、なのです。

 

それとも、自分に向けた途端、愚かな自分と向き合うのが怖くなりますか。でもそれも良しです。
そんな矢を子どもに向けていたのだと、それがどれだけ痛いことなのかを実感できるのではないでしょうか。

 

親であるあなたが見る、社会の理想に当てはめていくことがもっとも大切なことではありません。

 

外側のことではなく、もっと純粋に大切にしたいものをはっきりと自覚する時です。

そして、目の前の子どもとほんわりと向き合ってみてくださいね。

 

【心と体のトータルアプローチ 心を豊かに生きる】

 *お勧めメニューは こちら

 *ご予約はこちら

  *吉田かおりの著書はこちら


『自己表現や人間関係が苦手な人、感情の起伏に悩む人へ』
★無料メール講座★
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜

メルマガのご案内はこちら

Back to Top