お問い合わせ

辛い経験がエネルギーに変換されるとき

広島で心と体をトータルアプローチ
こんにちは。吉田かおりです。

辛くて苦しい経験も振り返ってみると、
例えば、無理をしてでも頑張って
取り組んだことの意味を、
「今の自分」が見出すこともできます。
人間って本当、基本的に前向きだなと思います!

 

今の自分が、日々の経験において
確実に過去の自分より成長していくことで
そこで経験した意図を見つけられます。
学びとったものその経験が多いほど、
環境の不満で終わるだけではなく
その環境にいたことによって
得たものが何なのかを、掴み取ることができます。

 

でもそれは、
過去の経験の中で、例えば
虐待に値するようなひどい暴言や暴力を
する教師に対し生徒であった自分が

 

「この人は悪人だ、
こんな人は許せない」

 

という思いを抱いていたとします。
それが時を経て
自分が成長をしたことによって

 

「悪人だと思っていたあの教師は
自分のためにと色々としてくださり感謝しかない」
というようなことではありません。

 

人に接するその仕方が一人の人格を認め
ないようなあり方であった、
その教師の暴言や暴力を、

 

「自分のためだった」と変えて
感謝するというのは何だかおかしいのですね。
やっぱりそういった行為をする人は
悪人であることには変わりないはずです。

 

「本当は自分のためにと
あんな酷いことをしていたのだ」
という認識からの感謝ではなく、

 

自分が経験したことによって人の痛みを知り、
自分が他人とどう関わることを望んでいるのか、
その悪人と見る相手と自分に
どんな共通点があったのかなかったのか、
そして自分は何を認めどんなことを選びたいと知ったのか、など・・・

 

経験を通して「人間」を知り、
酸いも甘いもとにかく人の深みを知り、
自分の糧になるものを
自らが掴んだことそれ自体が感謝なのです。

 

そう言ったことからその悪人に対して
復讐心や怒り、恐れなどで
心が乱される状態にはならずに済むのです。

 

そこから感謝が生じることが
本質的な人の成長であり魂の進化であり、
これが良い循環を生み出し自分を前に進めていくエネルギーになるのだから。

 

そして辛いことも楽しいことも
やっぱり生きているからこそ経験できることへの価値を実感できるのだと思うのです。

【心と体のトータルアプローチ 心を豊かに生きる】

 *お勧めメニューは こちら

 *ご予約はこちら

  *吉田かおりの著書はこちら


『自己表現や人間関係が苦手な人、感情の起伏に悩む人へ』
★無料メール講座★
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜

メルマガのご案内はこちら

Back to Top