お問い合わせ

あなたの魂は成長を望んでいる

広島で心と体をトータルアプローチ
こんにちは。吉田かおりです。

人はみんなそれぞれに置かれた環境の中でその立場の責任を持っています。
ですが、人生において様々なことを学びとして吸収していく中、自分の都合の良いものばかりを自分の肥やしとしていきがちです。

例えばスピリチュアル的なことに偏ると、現実自分が相手とどう関わることが重要であり、その関わりの仕方の中で互いの魂の成長につながるという経験を、実際にはできずに過ごしてしまうこともあります。

 

自分の都合の良いものばかりを取り込むこと、こんなことも起きてしまいます。

 

学びの中のほんの一部のエッセンスだけをつまみ取り、それを”全て”として受け取ってしまう。

一例として・・・ 「自分は何ものにもとらわれることのない素の自分でいいんだ」と感動し、自分のやりたいようにしか行動できない、ということも起きてしまいます。

自分の置かれた立場の責任を理解できず、例えば子どもを持ったにもかかわらず子どもを育てることよりも自分の遊びを大事にする。などというのは解りやすい例えではないでしょうか。

女性ならば女性の立場、妻ならば妻の立場、おばあちゃんならおばあちゃんの立場、小学生なら小学生の立場、部長なら部長の立場、社長なら社長の立場、というようにそれぞれの場においての立ち位置(立場)が人にはあります。

これは現実的ことであり、その立場をとることができない人は覚悟も決まりません。

覚悟を決められないということは決断できないことでもあり、その場における最も重要なことへの行動をとることなく、自分のなすべきことがわからず、無責任な人間となってしまいます。

私が過去に経験したことですが、
私はその時ある一つのグループにいました。
そのグループの一人であるAさんの夫に「講師」としてきてもらい、妻であるAさんを含めたグループ全員で受講しました。

すると、講師の妻であるAさんが、「次回はちょうど講師(夫)の誕生日だから、みんなでお祝いをしましょうよ♪♪」

と提案がありました。
無条件にOKを出す人、数名。私はそれ以外でした。
私: 「お祝いをすることは賛成だよ。でも正直、講師の妻であるあなたがそれを発信することには違和感を感じてしまった。もし私があなたの立場の中、「受講生」としてグループの皆で講師を祝いたいという気持ちがどうしてもあるのなら、私だったら、他の誰かに言い出しっぺになってもらえないか、相談したかもね。」そんな感じで伝えました。
Aさんのやり方について否定したのではなく、あくまで私の気持ちを伝えました。

A:「私について、色々なしがらみを通してではなく、純粋に私としていたいのです。私は妻でもなく受講生でもなく苗字〇〇〇でもなく・・・名前〇〇〇なんです!!〇〇〇としてみて欲しいし純粋に「〇〇〇」としてこれからも過ごしていきたいんです!!」(←あれ?な〜んだ結局は”名前”なのかよ・・・)

そのように意見されてきました。
これ、わかりますか?
この方は、一部の学びを自分の都合の良い部分だけをつまみ取り、それを全てとして受け取ってしまった典型的な善信仰からくる結末です。

本当にこの方が改善すべき点に向き合うことなく取り込んだこの知識によって、現実的にある立場の意味も責任の意味をどうしても理解することがない、ご都合主義になってしまっています。

立場を自覚するからこそ、そこですべきこと、自分のなすべきことの責任は必ず明確になります。
だからこそ、そこにいる価値を自分で見出し、例えば全力でそれに取り組むパワーも出てくるのです。

立場を自覚するからこそ、学生なら受験勉強に力を注げますし、部活動にも一生懸命に取り組むことができます。その立場を自覚しないからこそ、学校を抜け出してサボったり、ちゃらんぽらんな言動を平気でします。

ただ、その場その場における立場は自分の核ではありません。

自分の核がその立場にある自分だと認識してしまう、それはそれで問題が生じます。

 

身近にもいませんか?

定年退職したにもかかわらず、えらそうに会社の部下に接するような態度を家庭の中でしてしまう人。

その「場」が無くなった時、「自分」が無くなったような感覚を感じてしまう人は、立場にある自分が自分の全てであると間違った認識をしていたから。

だから家庭の中、またはグループ施設に行くようになっても仲間に偉そうな態度がどうしても抜けきれない。
”横つながり”が持てないのですね。
男性に陥りがちですが、ある程度の年齢と共にきちんとご自分の中の女性性を目覚めさせておかなければ老後が楽しくないのです・・・。

人間関係を健全に楽しむことができる方が人生豊かだと思いませんか?

そのためにも、立場を自覚できない人も、逆に立場が全てになってしまう人も、結局自分の核である本質には全く気づけないので、それに気づいた時から本質とはなんだろう、立場とは・・・これらのバランスを探っていきましょうね。

【心と体のセルフアップサポート専門 吉田かおり】

*メニューはこちら

*吉田かおりの著書はこちら


*無料メール講座
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜はこちら


Back to Top