お問い合わせ

電子書籍第4弾★ 一目置かれる「自分センス」の磨き方

こんにちは!吉田かおりです。
ここのところなんだか忙しく、すっかり電子書籍第4弾を出版したお知らせを忘れていました!!

一目置かれる「自分センス」の磨き方
「カッコいい」女性でありたいあなたへ

ただいまアマゾンにてキャンペーン価格
なんと99円♡でお求めいただけます♪

詳しい内容の説明はこちら→書籍サイトからご覧ください♪

 職場の休憩時間や移動時間、ちょっとした合間にスマホでサクサクと読める電子書籍。
ブログとは一味違った読み心地ですよ。

この本をまとめていくにあたり、
私の理想の女性ってどんな人なのかを改めて実感しました。

そう、本の表紙カバーにあるように
私は、”愛されキャラなのに凛とした強さを合わせ持つ”そんな女性に憧れてます。

可愛く、カッコいい女性。
う〜ん欲張り!

でもね、かわいいだけを目指すなんて無理なんですよ
それが通用するのは若いうちだけ。
私なんてアラフォーのおばさんがいつまでもかわいいだけを目指しているとおかしなことになってしまいますからね(笑)

でもかわいいってみんな大好きですね。
小い子どもからお年寄りまで、かわいいものを見ると心がウキウキしたり癒されて顔が緩んだり。
かわいい雑貨、お花、動物、顔・・・

かわいいには誰もが惹かれます。
でも、年齢を重ねるごとに”かわいいだけ”を求めて自分を磨いていこうとするとイタイことになりますもの。

あ、でも老年期になるほどどんどん”かわいい”と思われるような人間になりたいと思ってます。

年齢が30代、40代となれば人としての経験がそれなりにあり、だからこそその人ならではの人格がある程度確立されてきてます。やはり内面が人格を作るのです。

きちんと自分の価値観を大切に行動できる人、そんな人をカッコいいなと感じます。
そういう内面を持っている人は例えば外観が超かわいいキャラだったとしても、内面にある強さからカッコよさを感じるのです。

こういう人は、そのギャップがたまらなく惹かれちゃう。
身近にいるのですが私のクライアントさん、超、超!かわいいキャラで年齢不詳な彼女は、その見た目の可愛さから想像つかないくらいの言動をします。そして私はそのギャップに惹かれる・・・。

他人を見て憧れや目標を持ったり、ああはなりなたくないなと反面教師としてみたりと、人は他人を通して自分のあり方を修正することもできます。

そうやって自分も客観しながら過ごしていくこともできますが、それでも自分のことの多くは客観できないことって多いもの。

最近私は夫に、出川哲朗さんに似てると言われます。
特にイッテQの番組の中でふと話される英語?混じりの意味不明の発言とか、ああいった言い回しがそっくりだと。

信じられませんでした!!
え〜〜あんなにぶっ飛んでないでしょ〜〜??!っていう感じで。

でも、最近それが事実だわと認めてますわ。あは。

 

例えばあなたがAさんに対して「あの人のああいう性格って嫌だわ」と感じているとします。
そんなAさんに感じる”嫌い”なところ、その要素を、自分の中にもあることを見つけることができるでしょうか。
じっくりと自分に向き合ってみて、自分の中にも同じ要素がないか、よく探してみるのです。

自分の中に禁止しているもの、それはあってはならないと決めつけているもの、自分がそれをすることを絶対に許していないこと、そのようなことを平気で破る相手を見ると、感情が動かされてしまいます。

でも本当は、
自分の中で禁止しているそれが本当に自分を豊かにしているのか、なのです。

 

このワークは、あまりに心の底から嫌っている人、身内や深い関係の人に行うと刺激が強くて逆に嫌いを増してしまうことがあるので、程よく気に触る人のほうがいいです。
根深い感情を感じる相手に対して解消していきたいと感じる方は個別で対応しますので個人セッションをお申し込みくださいね^^

【心と体のセルフアップサポート専門 吉田かおり】

*メニューはこちら

*吉田かおりの著書はこちら


*無料メール講座
「自分の認め方メール講座」〜習慣化させる自己受容8ステップ〜はこちら


Back to Top